近未来社会でのダッチワイフやラブドールの可能性の大きさ

Posted By on 2015年4月2日

ダッチワイフやラブドールというと、大人のおもちゃというイメージを持つ人も多いかも知れません。確かにダッチワイフはアダルトグッズとして長い歴史があります。ダッチワイフに特に興味のない人でも、南極1号の言葉は聞いたことがあるでしょう。

確かに昔は寂しい男性の夜のお供という、何となくユーモラスで物悲しい印象もありました。でも時代は移り変わって、今やダッチワイフやラブドールのクオリティと完成度の高さには驚かされてしまいます。中でも日本製のラブドールの品質の高さは、世界最高水準といって間違いありません。本当の生きた美女が目の前にいるかのような存在感には圧倒されます。息を呑むような美しさと精緻な質感は、まさに芸術作品といってよいほど素晴らしいのです。

ダッチワイフやラブドールは将来的には日本の主力輸出製品になるだろうという意見もあります。ロボット技術とのタイアップなども含めて、21世紀の近未来にはラブドールが日本の一大産業になることは間違いないでしょう。

詳しくはラブドールのメーカーまとめなども参考にしてみて下さい。

Comments are closed.