タクシードライバーの叔父

Posted By on 2019年5月24日

先日私は、祖母の誕生日会を企画し、久々に従兄弟と叔父と会いました。私の叔父は、大学卒業以来ずっとタクシードライバーとして働き続けています。その為、この間も「もう30年以上勤務しているので、どんなトラブルにも的確に対処できる」と豪語していました。
ところが、そんな叔父でも、最近とても恐いおもいをしたというのです。それは、一年前の夏のことだそうです。叔父はその日、いつものように終電を逃した客を狙って駅前に待機していたそうです。すると、20代の酔った若者が一人乗ってきて、隣の駅まで走るよう言ってきたそうです。叔父は、言われた通りタクシーを走らせ、隣の駅に着いたそうです。到着時、その若者はすっかり寝ていたようで、叔父は起こしたのだそうです。すると、目を覚ました若者は自分の伝えた駅と違うといちゃもんをつけてきたのだそうです。叔父は、確かに言われた通り来た事を伝えましたが、納得しないその若者は20分以上文句を言って降りていったそうです。私は、仮に転職してもタクシードライバーにだけはならないようにしようと思いました。

タクシー会社への転職

Posted By on 2019年5月17日

今、真剣に考えている問題があります。それは、このまま今の仕事を続けていく意味があるのか?と言う事です。今の仕事は某電気メーカーのセールスをしているますが、正直ストレスの塊しかありません。
同じ年の友人に相談したら、今は一生一職業の時代ではないから、転職もありではないかと言われて、一層、転職を考えるようになりました。

現在はタクシー会社に興味があるので、転職サイトではタクシー会社をメインに見ていますが、タクシーの仕事であれば、もう一度自分の人生に遣り甲斐を見つけられそうな気がしてきました。
近く、実際に行動をして、面接を受けてみる事も検討しています。
やはり自分の人生なので、自分のやりたいようにやることを考えていきたいと思っています。
今後、自分が転職する日も、そう遠くはないと感じています。そんな日が早く来ることを願っています。

「やはり人とは違う人だった!」

Posted By on 2019年5月13日

自分の仲良くさせていただいている方で、とても良い意味でぶっ飛んでいて、ユーモラスな方がおります。

その方は元はサラリーマンの方です。そして、好き放題して奥さんに愛想を尽かされて離婚までされている方ですが、何故か憎めないのです。(笑)

勤めていた企業もリストラされてしまいました。そこで敢えて転職でもしようと決心したらしいのです。

それがタクシー運転手だったとか!ところが、彼は「野心家」であったようで、タクシーを運転するだけでは面白くない!

「このもやもやした気持ちは何なんだ!」と感じたそうです。

数年タクシー運転手をして、貯金をしたらしいのです。

その貯金したお金で始めた事業は、タクシー会社だったのです。
タクシー会社に転職どころか、タクシー会社を設立してしまうあたりも凄いなぁと感じました。

この間、一緒にコーヒーを飲みましたが、「どうも俺は人に遣われるのがダメなようだ!だから人を遣う方にまわっただけさ!」とのことでした。

やはり彼は人とは違っておりました。

中高年になっても出会いが欲しい

Posted By on 2019年5月13日

私は世の中から完全に中高年と言われてしまう年齢の女性ですが、今でも真剣な出会いを求めています。まだ、結婚願望は捨てておりませんし、結婚するにしても、しないにしても、良い出会いが欲しいと思っているのです。

そこで、この世代になってもメールフレンドが欲しいと思っているので、それなりの行動はしています。
メールフレンドで知り合った人とは、積極的に前に向きになって、良い関係を築けたらと思っているので、以前より生活にハリが出たとも思っております。
人生折り返し地点でも、その人が輝こうと思えば、まだまだ人生には楽しい出会いや楽しいことが待っていると思うので、年齢をあまり気にすることなく、今後もメールフレンドで繋がれた方との出会いを大切にして、それを一つの出会いだと思い、大切にしていきたいと考えています。何もしないまま人生が終わるの勿体ないと思いますからね。

平日に遊べるタクシー求人

Posted By on 2019年5月4日

多くのサラリーマンは土日が休みかもしれませんが、そうした週末というのは、どこに行って混んでおり、行楽地に行く気持ちにならないかもしれません。毎日通勤でラッシュや渋滞を経験し、土日も人混みに紛れるというのはつらいですし、なにもせずに家にいよう、そんなネガティブな感じになりやすいです。ではタクシー求人によって、タクシードライバーになることができたらどうでしょうか。

タクシーの仕事は、週末はやや忙しくなるかもしれませんが、週日の時間は休みを取りやすく、多くの場合シフトになっているので、平日休みは少なくありません。それで土日など、人手いっぱいの時に遊びに行くのではなく、空いていて、しかも平日限定でのランチサービスを食べながら安く、リーズナブルにお出かけができるのです。タクシーの仕事は、実はそうしたプライベートの充実が嬉しいのです。

久しぶりの飲みで元気になりました。

Posted By on 2019年4月29日

今日は仕事明けに、以前一緒に働いていた方と飲みに行きました。会うのは大体1年ぶりくらいで、お互い変わっていないといえば変わっていませんが、2人とも疲れがにじみでていて、会った瞬間、本当の意味で「元気か」と言い合いました。
お互い、こってりしたものは胃が受け付けない、ということで和食の店に入り、煮物などの一品料理を中心に注文して静かに飲みました。
大体今の境遇は同じなので「フリーランスのエンジニアあるある」で盛り上がりました。勤めている会社の正社員に、「IT業界でフリーランスは引く手あまたでしょう」とか言われるけど、安定しないし、研修は正社員しか受けられないこともあるし、正社員並みに残業あるし。とりあえず「そうでもないですよ」と微妙に笑うしかないよね、と二人で苦笑しました。
自分は今プログラマー採用ですが、彼はSE採用で、客先との打ち合わせもあるので神経を使っているようでした。
結局最後は、お互い仕事が好きな点では救われているよね、という話に落ち着きました。
最後はそばでしめて、お店を出て一緒に歩き、駅で「またな!」「げんきでまたな!」と言って別れました。
毎日疲れますが、ほかの人も同じ境遇でがんばっていると思うと、少し元気になった気がします。少ししたら、また連絡を取って会おうと思います。

就職活動をしているときの不安な気持ち

Posted By on 2019年4月27日

就職活動をしているときというのは落ち着かないものです。見つかるまで、いったい自分はどこで働くようになるのだろうか、このまま探し続けるよりも、とりあえずフリーターになって、まずは稼ぐことを優先した方がいいのだろうか、そんな気持ちにもなることでしょう。いずれにしても、就職活動を成功させるためには、面接を受けなければなりませんし、それである程度評価してもらわないと、前に進むことができません。

フリーターや派遣の場合には、ハードルが低く、一時的な雇用ということなので、いつでも自分から辞めることができるし、仕事そのものに関しての責任がほとんどありません。それゆえに、あまり大きな仕事を任されることもないかもしれません。とはいえ、正社員として面接が通り、採用が決まった時の安堵というのは、言葉では表せないほどであり、喜びが沸いてくることでしょう。

結婚して幸せになるために

Posted By on 2019年4月21日

人生の中で、結婚が全てでは無いとはもちろん思っているのですが、やはり、結婚をしていないと、親戚の集まりに参加したときなどに居心地が悪いなと感じるようになりました。

どんなに、仕事を頑張っていたとは言え、親戚が集まる場にイクト、家族ごとに集まって座ることになります。

自分と同い年くらいの従兄弟が服夫揃って座り、近くには子供が遊び回りなんて言う光景を見ると、私も婚活しないとなと思ってしまいます。

婚活をして、上手く相手に巡れ会えるだろうか、周りの人みたいに幸せな家庭を築けるのだろうかと不安に思う気持ちもあるのですが、このまま何もせず居るわけには行かないと思い、婚活パーティーに参加してみることにしました。

私なんかが行って良いのだろうかとドキドキしたのですが、婚活ではそんなにもみんな、周りの事を見ている余裕は無さそうでした。

婚活のタイプがいくつかあり、自分にはどんな婚活が会っているのか、色々試して行けたらなと思いました。

休日の散歩を楽しみました

Posted By on 2019年4月14日

今日は久しぶりの休日でした。朝から天気が良く、青空がとてもきれいで気分が良かったので、運動を兼ねて駅前まで散歩をすることにしました。
ちょうど商店街を歩いている時に、最近の流行りの曲が家電量販店から流れてきました。
その曲は男女の出会いをテーマにした20代向けのものなので、私のような30代後半には余り響いてこない内容ではあるのですが、職場の近くのコンビニでいつもこの曲が流れているので、サビを知らないうちに覚えてしまっていたようです。
だから、その散歩中の商店街でも曲に合わせてちょっと口ずさんでしまい、実はちょっとノリノリになってしまいました。
そのおかげだかどうだかわかりませんが、散歩のペースも上がり、かなり早く駅前に着いたので少し得した気分になりましたね。いい運動にもなりました。
タイミングよくおなかも減っていたので、行きつけの定食屋で昼食を食べました。なんだかとてもおいしかったです。
やっぱりあの曲のおかげかもしれませんね。

若い時間はすぐ終わる

Posted By on 2019年4月14日

20代はすぐ終わる、と先輩が言ってました。
私は今年大学卒業してアパレル系に就職しました。
アルバイトから正社員に雇ってもらったのであまり「就職」という
実感はありません。

そんな折、幼馴染の女の子が突然ゴールインを宣言しました。
普段話している時にも全然そんな話でなかったのにいつのまに、と焦りを覚えました。しかも相手の男性の話を聞いてみるとかなり高収入でしかも優しいとのことで幼馴染ながらうらやましく思いました。

どうやってそんな人と出会ったの?と平然を装いながら聞いてみると出会い系アプリを見せてくれました。サクラも多いけれどちゃんと真剣に出会いを求める人もいるんだよ、と指を差して教えてくれました。

若い時間はすぐ終わるから社会人生活はじめとともにやってみたの、という言葉に先輩の言葉が重なり胸が痛みました。私もアラサーと呼ばれる前に婚活始めたいと思います。